ABOUT US

ライブリッツについて

最新テクノロジーを駆使し、
デジタルイノベーションを実現する


ライブリッツはAI・IoTなどの最先端技術を駆使し、
経営・業務・ITの側面からスポーツビジネスおよび地域創生事業におけるデジタルイノベーションの実現をミッションとしています。
ヒトが行う作業の自動化ではなく、ヒトでは成し得なかった新たな価値を創造するべく、技術の可能性を追求し続けます。

TOP MESSAGE

代表メッセージ

ライブリッツ株式会社
代表取締役
村澤 清彰
Kiyoaki Murasawa

プロフィール
2001年フューチャーシステムコンサルティング株式会社(現フューチャー株式会社)入社。 研究開発部門での技術開発や大手コンビニエンスストアの端末刷新プロジェクトの技術責任者等を経て、 プロ野球団のチーム戦略システムをゼロから構築。複数の球団や他スポーツへも展開し、 スポーツのIT武装に貢献。2017年4月より現職。AI、IoT、データ分析、 映像解析等の最新ITテクノロジーを駆使し、スポーツビジネスおよび地域創生事業の可能性を 追求している。

子どもたちがあこがれるヒーローやなりたい職業は、私が小さかった頃はプロスポーツ選手が1位でした。テレビで好きな選手が活躍したりチームが勝ったりした日は本当に嬉しかったですし、あぁなりたいと思って一生懸命練習しました。子どもに限らず大人も、日本人選手が大リーグや海外の強豪サッカーチームなどでプレーしたり、国際大会で優勝したりするのを見ると勇気がもらえますよね。スポーツには人の感情を揺さぶる大きな力があります。

近年のITの進化は、スポーツ界にも大きな変革をもたらしています。例えば野球のピッチャーであれば球の回転数やリリースポイント、バッターであれば打球の速度や角度など、成績以外の視点で選手の能力を可視化できるようになりました。私たちがつくりあげたチーム戦略システムでは、そうした試合で生み出される膨大なデータが試合後に自動でクラウド上にアップロードされ、いつでもスマートフォンでデータをチェックできます。試合データのほかにも、トレーニングや体のメンテナンス、選手評価、スカウト情報等、あらゆる情報を一元的に管理・分析が可能です。選手は技術の向上に、コーチや監督は指導や戦術検討に、スカウトは有望な選手の発掘に、フロントはチーム運営や戦略に、とチーム運営に関わっている様々な方にご利用いただき、チームの勝利に貢献しています。このシステムは複数のプロ野球団に導入いただき、リーグ優勝や日本一を果たすなど、確かな成果を残しています。

またチームの事業・収益を支えるファンクラブ(FC)の運営、会員管理やECのしくみも構築しました。FC会員や購入者の行動がもたらすデータを集約・分析し、一人ひとりの志向性やニーズを把握してプロモーションや新たな商品開発に活かしていきます。ファンとチームを繋ぐコミュニティーを形成し、ファンエンゲージメントの向上がチーム収益の拡大につながる仕掛けが大きな特徴です。

日々これらに取り組むなかで強く実感するのは、ITはスポーツをもっと面白くできるし、ビジネスとしての可能性を広げられるということです。サービスそのものは優れていても人を集めることに苦労し収益に結びつけられていないビジネスはたくさんあります。しかし、例えばプロ野球は、シーズン中ほぼ毎日試合をしているにもかかわらず、1日で何万人という観客を球場に集めています。サッカー、バスケットボール、テニス、ゴルフ、相撲…と、あらゆるスポーツは、試合はもちろんプレーヤー一人ひとりにドラマがあり、人を惹きつける魅力があります。スポーツビジネスは無限のポテンシャルを秘めているのです。ライブリッツのミッションは、AI・IoTなどの最新テクノロジーを駆使し、デジタルイノベーションを実現することです。ライブリッツが支援することで、プレーヤーが活躍し、ファンが喜び、運営母体の収益が上がり、さらに競技が盛り上がるという良いサイクルをつくりたいと考えています。


そして今後は、スポーツで実現したデジタルイノベーションを、一次産業分野に応用していきたいと考えています。一次産業は、私達の生活を支えるとても大切な産業ですし、自国の自給自足という意味でも守り続けなくてはならない産業です。しかし、高齢化や後継者不足で事業の継続が危ぶまれているのが現状です。そこで、美味しい作物を育てるところから消費者の手に届くところまでを、テクノロジーの力でムダを省き、改善を加えることで生産性を高めていけるのではないかと考えています。

また、例えば、映像解析技術を応用し、農作物の育成状況を分析したり、日照時間や肥料・農薬の量、与えるタイミング等を調整したりすることで、これまで以上に良質な農作物を育てることもできるかもしれません。テクノロジーは、ロボットのように人に代わり作業をするだけでなく、人々が持つノウハウを最大限に活用し、付加価値を高めるための手段であると考えています。

一次産業は、未だにアナログな部分が多くありますが、自然や生き物を相手にする仕事ですから、経験則や勘が必要な部分もあると思います。だからこそ、今アナログとテクノロジーの融合が求められています。私たちライブリッツがスポーツ分野においてアナログと自動化の境界線をコンサルティングしてきた経験が、一次産業分野でも活かせるはずです。

COMPANY PROFILE

会社概要

社名
ライブリッツ株式会社 LaiBlitz, Inc
事業内容
スポーツおよび地域創生におけるデジタルイノベーションの実現
設立
2011年10月
所在地
東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 9階
JR山手線「大崎駅」南改札口より徒歩1分
資本金
8,000万円
株主
フューチャーインベストメント株式会社(100%)
沿革
2011年10月 設立(株式会社てんじく)
2014年11月 フューチャーグループに参加
2016年5月 ライブリッツ株式会社に商号変更